はなとすむ vol.6 カーネーション

5月9日2019年 連載「はなとすむ」

長いゴールデンウィークも終わり、さわやかな風が木陰をわたっていくのがとても気持ちのよい季節となりました。服装も長袖から半袖に変わり、心も体も、なんだか身軽です。

今週末5月12日は母の日。今回は母の日のカーネーションを2つのパターンでフラワーベースにいけてみたいと思います。贈るとき、贈られたとき、もしよかったら参考にしてみてくださいね。

まずはこんな風に1本。

小さなカーネーションを贈られたら…。短く切って、フラワーベースミニに。背が低く口元が広いので、小さな子どもでも簡単にいけることができます。

母の日のカーネーションが、はじめて自分で花をいけた日になりました。真っ赤なカーネーションがひきたつ白い柄は、光が透けてまるでガラスの花瓶みたい。

次はこんなブーケだったら…。

もしも大きな花瓶がなければ、根元の葉っぱをとって小分けにして、前後に飾ってみるとボリュームたっぷりのまま楽しめます。こんな大人っぽい色合いのカーネーションも素敵ですね。

カーネーションと一緒においしいお菓子を贈るのもきっと喜ばれるはず!ひとくちサイズのタルトは、みんなでひとつずつ、いただきましょうね。


BAKE チーズタルト

 


D-BROS GINZA SIX店では、GINZA SIXだけの特別なギフトセットを多数取り揃え、「ギフトフェア」を開催中です。

さらに、5/10・11・12の3日間は、GINZA SIXの店頭にて、生花のカーネーションを特別販売いたします。
ぜひ、母の日のギフト選びにD-BROS GINZA SIX店へお越しください。詳しくはこちら

 


▼今回使用したフラワーベースはこちら


フラワーベースミニ レッド&ホワイト


フラワーベース レインボー


▼季節のお花の楽しみ方を紹介する連載「はなとすむ」バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

▼D-BROSの公式SNSを日々更新中!
Facebook:D-BROS
Twitter:@DBROS_info
Instagram:@dbros_official1995

About the Author