どうも杉山です。今回はD-BROSのぽち袋で新しいシリーズのデザインをしました。

みなさん、ぽち袋を最後にもらったのはいつですか?どんなぽち袋でしたか?
と言われてすぐに思い出せる方は来年いいことがあるでしょう!、、、というのは冗談です。

僕はぽち袋より、中身が気になりすぎて、もらうとすぐに自分の部屋で中身を覗いて「フフフッ!」となったり、「チッ!」となったりしていました。
そんな子供にならないように、ではないですが、今は逆にあげる立場になったので、実際に自分の甥っ子達にあげることを想像しながら、中身を見る前に少しだけサプライズのあるぽち袋を作ってみました。

今回デザインするにあたって心掛けたことは、ぽち袋を手にした人の笑顔です。
子供の頃に描いた夢や希望を、大人になっても大切に覚えていて欲しいなとか、あげる人にとっても、このぽち袋をきっかけに何か会話が弾んで笑顔になってくれたらなぁとか、もらった人もあげる人も笑顔になれるものになったらいいなと。

そこで、デザインは封を開ける行為に簡単なストーリー性のあるものにしようと思いました。
少年がヒーローに変身したり、魔女がお姫様に変わったりと、封を開いた時に、「これはね…」と、ちょっとお話しできるような「クスッ!」となるデザインにしました。

お年玉にはもちろん、子供が頑張ったときのご褒美や、お手紙を入れてちょっとしたお礼にも。大切に育っていく子供たちの記憶に、少しでも残る思い出のぽち袋になれれば嬉しいです。


▼杉山がデザインした「ぽち袋」はこちらよりお買い求めいただけます。
d_bros_pochi_2019
d_bros_nenga_2019

top_calendar

top_diary

▼D-BROSの公式SNSを日々更新中!
Facebook:D-BROS
Twitter:@DBROS_info
Instagram:@dbros_official1995