現在D-BROSでは、ドラフトの個性豊かな10人のデザイナーが手がけた年賀状が好評発売中です!D-BROS MAGAZINEでは、10人のデザイナーたちによる「年賀状連載ブログ」を全10回に渡ってお届けしています。デザイナーがそれぞれにどんな思いでデザインに取り組んでいるのか、個々の考え方や個性なども感じていただきながら、お好きな1枚を見つけていただけたらうれしいです。

最終回となる第10回目は、独特な表現で犬をデザインした齋藤純です。
________________

犬を飼ったことがない私の、犬にまつわる思い出といえば、小さい頃、好きだったスヌーピー。

小学校2年生くらいの頃は、何も見ないで描けるくらいでした。

それを思い出して描いてみたら、全然描けなくなっていてびっくりしました。その流れで、きちんと図鑑をみて描いてみました。

dog-jun-1

まず最初に描いたのは横顔のビーグル犬でした。(スヌーピーはビーグル犬なので)
次は、モップみたいな犬がいいかな、ともじゃもじゃした犬。最後は、短髪の犬。

横顔にしたのは、小学校2年生の時に身につけた、スヌーピーを描く時の習慣が出てしまったようです。でも、いくつかの種類の犬を描いて並べてみると、それぞれ鼻の位置や耳の形が違っていてなかなか面白いかもな、と思いました。

スケッチした時に2色のボールペンで描いていたので、色で立体感を出そうかな、と思ったりして作ってみたり…
毛のホワホワを出したいな、と思って犬の外側を描いて表現してみたり…
色の組み合わせが無限に広がりそうだったので、モノクロに戻してみたり…

モノクロにしてみたら、それぞれの犬を描く線の表情が違っていたので、それを中心に作ってみようと思いました。

dog-jun-2

横顔だけでなく、『おすわり』『ふせ』『正面の顔』なども描いてみたりしたのですが、最終的には、スタートの時の横顔の3匹に戻ってきました。

線で描くなら、犬の元気な感じが出たらいいなと、サインペンでぐるぐる描いて描いて描きまくって。

ちょっと走り書きのような感じも、シッポを振って走ってくる犬のスピード感が出てよかったかな、と思っています。

『2018年』や『NEW YEAR』などの、年賀状につかう言葉などはいれませんでした。

この年賀状を買ってくれた方が、自分のサインペンでちょろっと書き足してくれるのが、いいなと思っています。

d_bros_nennga_2018_E-1_small

d_bros_nennga_2018_E-2_small

d_bros_nennga_2018_E-3_small

 

▼齋藤純ほか10人のデザイナーが手がける「2018年賀状」はこちらよりお買い求めいただけます。
0_image_all_red

▼年賀状を手がけたデザイナー10人のブログを公開中!ぜひあわせてご覧ください。
第1回:犬は表情豊か/斎藤恵
第2回:同じ形/遠藤知里
第3回:ストライプの犬/田中健一
第4回:ゆったりしたお正月を/長田紘佳
第5回:めでたい戌/岩永和也
第6回:明るいはじまり/小山麻子
第7回:おかわり!/杉山耕太
第8回:犬の表情/前原翔一
第9回:うれしい顔/川上恵莉子
第10回:ぐるぐる描き/齋藤純

▼齋藤純のデザイナーブログ バックナンバー
ついつい、集めてしまうもの。
元気な食卓にしたいときに選んでもらいたいお皿です
文字を旅させてみました。
“生”で見る。
2016年賀状シリーズ:線と色の面

▼クリスマスギフトにおすすめのアイテムを集めました!
01

▼新作「TENDER CANDLE」美しい模様を映し出すキャンドルが登場!
tendaer_candle

▼2018 D-BROSカレンダー&ダイアリー好評発売中!
d_bros_2018_calendar_all

▼クリスマスを彩るD-BROSの楽しいクリスマスカードはこちら!
xmas_01

▼D-BROSの公式SNSを日々更新中!
Facebook:D-BROS
Twitter:@DBROS_info
Instagram:@dbros_official1995