ドラフトの個性豊かな10人のデザイナーが手がけたD-BROSの年賀状が現在好評発売中です!D-BROS MAGAZINEでは、10人のデザイナーたちによる「年賀状連載ブログ」を本日より全10回に渡ってお届けしていきます。デザイナーがそれぞれにどんな思いでデザインに取り組んでいるのか、個々の考え方や個性なども感じていただきながら、お好きな1枚を見つけていただけたらうれしいです。

第1回目は水彩で描くイラストが毎年人気の齋藤恵です。
_______________________________________

こんにちは、デザイナーの齋藤恵です。
絵の具を使用したトーンを3年は続けようと思い、一昨年、昨年に引き続き、絵の具で年賀状にチャレンジしました。

来年は戌年です。もともと犬が大好きな私は、まずかわいい犬の写真を見ることからはじまり、その作業に時間をかなり費やしてしまいました。(今思えば、ただかわいい犬の写真が見たかっただけ、、、)

でもその時間のおかげで、私がぐっとくる犬は、きょとんとしていたり、明らかに笑ってたり、表情が豊かな犬だということがわかりました。なので「今年は表情を描こう!」と思いました。去年までの全身入れて、ポーズやしぐさで見せるのとは少し違うアプローチにしたかったのもあり、顔アップにしました。

犬種はおしゃれな印象にしたかったのと、可愛すぎるのは避けたかったので、少しマニアックだったり、一癖ある犬を選びました。

F-2_small

シュッとしてかっこいいボルゾイは、(名前もかっこいい!)元がシュッとしているので、笑顔でも可愛くなりすぎないなと思い、笑顔で。

F-1_small

毛の長いアフガン・ハウンドは、毛がサラサラなので、金髪の女性を意識して、黄色の毛並みに。少しきょとんとしている表情に。

F-3_small

このなかではメジャーな、ジャックラッセルテリアは、ドラフトのご近所のイタリアンの看板犬がこの犬種ですごく賢くカワイイので、その子を意識して少しおじいさんぽく、人間を見つめる感じで、それぞれ書きました。

あと、このシリーズがエリザベスシリーズというのですが、エリザベスカラー(よく犬が首に巻いているやつ)をつけている犬を
意識しています。顔のアップだけだと少し寂しい印象だったので、グラフィック要素を少し足して、色面でバチっと派手に見えるようにしています。
また、2016年・2017年の年賀状にずっと登場していた「赤い丸=日の出=お正月のイメージ」も出したかったので、赤い丸は3種とも共通にしています。3年間少しずつ違う形で赤い丸を表現できてよかったなと思っています。

d_水彩シリーズ
Series_h

普段から道行く犬を見ているのですが、この年賀状を制作している間はさらに、「この犬、今どんなこと考えてるんだろう?」と思いながら、犬を見つめる時間はとっても楽しかったです。

大好きな犬の年、みなさんにとって良い年になりますように!

 

▼齋藤恵ほか10人のデザイナーが手がける「2018年賀状」はこちらよりお買い求めいただけます。
0_image_all_red

▼年賀状を手がけたデザイナー10人のブログを公開中!ぜひあわせてご覧ください。
第1回:犬は表情豊か/斎藤恵
第2回:同じ形/遠藤知里
第3回:ストライプの犬/田中健一
第4回:ゆったりしたお正月を/長田紘佳
第5回:めでたい戌/岩永和也

▼齋藤恵のデザイナーブログ バックナンバー
趣味のこと 3
2017年賀状 シリーズ:めでたいとり
趣味のこと 2
趣味のこと
2016年賀状シリーズ:のびる1年にしたい

▼2018 D-BROSカレンダー&ダイアリー好評発売中!
d_bros_2018_calendar_all

▼クリスマスを彩るD-BROSの楽しいクリスマスカードはこちら!
xmas_01

▼D-BROSの公式SNSを日々更新中!
Facebook:D-BROS
Twitter:@DBROS_info
Instagram:@dbros_official1995