D-BROSのカレンダーを毎年楽しみにしてくださっている皆様、大変お待たせしました!
例年より少し遅い発表となってしまいましたが、今年もデザイナーたちがこだわり抜いて製作したカレンダーが出来上がりました。本日のマガジンにて2018年カレンダーの全ラインナップを初公開です!

2018年版はKIGIの植原亮輔、渡邉良重のほか、ドラフトの関本明子、福澤卓馬、岩永和也、山川鎌がカレンダーのデザインを担当しました。2018年もユニークな発想から生まれた新作カレンダーと、定番のタイプフェイスカレンダー全8種をお届けします。

 

「POPs」

DESIGN:植原亮輔(KIGI)

2018カレンダーパンフ_オモテ面_入稿準備中_

D-BROSのアートディレククターKIGIの植原亮輔によるデザインのカレンダーです。

今回、植原が注目したのは、商店街やスーパーマーケットで見かけるPOPの文字。太いマジックを使用し、すべての英数字をデザイナー自身が手描きでデザインしました。日常生活の中で見慣れているフォントがカレンダーとしていつもとは違う非日常的な使われ方をすることで、どこか面白い違和感を愉しむことができます。

6 月と10 月は型紙で型抜きされていて、よりリアルなポップ感を楽しんでもらえるようにしています。

 

「記憶」

DESIGN:渡邉良重(KIGI)

2018カレンダーパンフ_オモテ面_入稿準備中_

D-BROSのアートディレククターKIGIの渡邉良重によるデザインのカレンダーです。

今回、渡邉がテーマにしたのは「記憶」。記憶の断片を切り取ったように描かれたイラストや写真の組み合わせは、見るひとの想像力を掻き立てるものかもしれません。並べられた二つの対となる画から立ち上がる物語をお楽しみください。

カレンダーが縦組で組まれているのも特徴のひとつで、文字とイラストの美しさをセットで楽しむことができるカレンダーです。

 

「I want to be…」

DESIGN:福澤卓馬

d_bors_2018_i_want_to_be_2

毎年人気の動物をテーマにしたカレンダーシリーズ。2018 年は数字に付属のシールを貼っていくと、だんだんと違う動物に変身していくユニークな仕掛けです。

手書きで描き起こした動物は12 匹。毎月違う動物が登場します。付属のカラフルなシールを自由に貼って、自分だけのオリジナルの動物を作って楽しむことができます。

貼っていく途中も面白いデザインになるよう設計されているので、毎日一枚ずつ貼っていく度にワクワク感も楽しめるカレンダーです。

 

「二十四節氣カレンダー」

DESIGN:関本明子

2018カレンダーパンフ_オモテ面_入稿準備中_

二十四節氣(にじゅうしせっき)とは、太陽の動きを基準に一年に二十四の節を作り、「冬至」や「立夏」など各節の特徴を表す呼称をつけた暦です。

人の心と体にも大きく影響する天気や気温、湿度、日照時間など、太陽から受ける気候の変化を暦として整理された二十四節氣は、日本の豊かな四季をより細やかに、繊細に感じることができるものです。現代社会を生きる私たちにとっても、大切な「ふしめ」として二十四節氣を活かしてもらいたいという思いから、このカレンダーは生まれました。

このカレンダーには二十四節氣のほかに、節句や季節行事の際の食習慣などを解説。日本の繊細な季節の流れを感じながら、日本の食文化を生活に取り入れて日々を楽しむことができます。

 

「TYPEFACE CALENDAR」

01.壁掛け/02.卓上/03.ポスター 2018’s Design:岩永和也山川鎌

2018カレンダーパンフ_オモテ面_入稿準備中_

2007年から続く、タイプフェイス(書体)をテーマにしたカレンダーシリーズです。毎年ひとつの書体を選び、2018 年版の書体には、1960 年代から70 年代にかけて活躍したアメリカン・タイポグラフィの先駆者、ハーブ・ルバーリンが雑誌「Avant Garde」のロゴのためにデザインした『Avant Garde(アバンギャルド)』をセレクトしました。

タイプフェイスそのものの美しさや特性を活かしたシンプルなデザインは、幅広い世代の方に愛用されており、自宅やオフィスなど、いろんなシーンで活用いただけます。壁掛けタイプのほかにB1サイズのポスター、卓上の3タイプをご用意しています。

 

「CREATOR’S DIARY」

2018’s Design:岩永和也山川鎌

2018カレンダーパンフ_オモテ面_入稿準備中_

デザイナーやプロデューサーが実際に制作進行の場で使用していたものを商品化したダイリー。1 年分のスケジュールが1枚につながり、1 年の流れが一目でわかるジャバラ折りの形状が特徴です。ページの上半分(縦軸)は時間軸、下半分(横軸)は仕事や予定別に長いスパンで複数の同時進行するプロジェクトをしっかり管理することができます。

2018 年版はパステルカラーの新色が加わった5 色展開。たくさん書き込めるレギュラーサイズと、持ち運びに便利な文庫サイズの2 サイズをご用意しました。デザイナーからプロデューサー、学校の先生、美容師さんや主婦の方まで、幅広い層の方々にご愛用いただいている、今年で15年目を迎えるD-BROS の定番商品です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

紙の質感や、印刷の色など、細かなこだわりが随所に感じられるカレンダーとなっていますので、ぜひ実際に店頭でご覧になってみてください。

2018年D-BROSカレンダー、ダイアリーは、D-BROSの直営店ほか全国のお取り扱い店舗にて9月8日(金)以降、順次発売開始いたします。
※「クリエイターズダイアリー ミニ」のみ9月下旬の発売となります。
※店舗によって販売開始日は異なりますのでご注意ください。

D-BROS オンラインショップでは、全国の販売に先駆けて、8月25日(金)正午より先行予約販売がスタートとなります。ご予約いただいた方には予約特典もご用意しておりますので、どうぞお楽しみに!

予約特典については、8月24日のD-BROS MAGAZINE にて詳しくご紹介します。
>>先行予約特典は飯田郁デザインの限定ポスターです。

▼2018年カレンダー&ダイアリーはこちらよりお買い求めいただけます。
top_main

▼D-BROSの公式SNSを日々更新中!
Facebook:D-BROS
Twitter:@DBROS_info
Instagram:@dbros_official1995

 

TOP_G6

TOP_FV

TOP_C&S