こんにちは。デザイナーの岩永です。
今回は前回に引き続き、GINZA SIXに新しくオープンしたお店の商品(ハンカチ)の話です。

前回のブログでも書いた通り、構想し始めたのは2年前となります。家紋を整理した本を作る事が決まり、家紋をより広めていく、再度見つめ直すという目的を込めて、様々なアイテムに落とし込むことになりました。

>>前回のブログ「扇子と粋」はこちらよりご覧いただけます。

まず、現存する約2万種類の家紋の中から、本を作るために選んだ家紋350種のうち、ハンカチに合う家紋8種を選びました。その8種をデザイン、コスト、使い勝手など細かく検証し、最終的に5種の家紋に絞り込みました。

 家紋ハンカチ
左上から「木葉(このは)船」、「三ツ追松葉丸」、「庵(いおり)に鶴の丸」、「変り柏」、「北白川家菊」の家紋

松は「不老長寿」、鶴は「延命長寿」、柏は「繁栄」、菊は「高貴」など、それぞれの家紋にはおめでたい意味を持つものもあるので、贈り物にもぴったりです。

家紋が決まったら、次はデザインをどうするかです。ハンカチも扇子と同じく昔ながらの家紋というよりも美しいデザインとして見てもらいたいと思い、「粋」をテーマにポイントとなるよう色を入れた表現にしました。

デザインも決まり、最後はどう印刷しようかと。プリントでやってみたり、特殊な印刷(フロッキー等)で試作してみたりしたんですが、なかなかうまくいかず、検証を重ね、家紋の高貴なイメージに合うよう刺繍にすることにしました。

僕も初めて知ったんですが、刺繍といっても多くの種類があって、刺繍屋さんと相談し、家紋と照らし合わせながらこの紋はこの刺繍がよいかな?と何度も検討して選んでいます。

デザインのポイントとしては、家紋に合わせて刺繍の種類(2種類)を変えている所です。

05191138_591e5aa3b8136

05191137_591e5a53e23e2

ハンカチの起源は、遥か昔、紀元前3000年頃エジプト文明の頃には存在していたと言われているそうで、身分の高い人の持ち物だったと推測されています。

現代では身だしなみの一つとして日常的に用いられるようになっていますが、このハンカチを持つことで、少しでも「粋な大人」に近づけるような、そんなアイテムになればいいなと思います。

▼本日ご紹介した「KAMONハンカチ」はGINZA SIX店のほかD-BROS WEB STOREでもお買い求めいただけます。
TOP_G6

▼D-BROS GINZA SIX店に関する記事
「2017ADC展」はじまりました!トークイベントも開催決定!!
D-BROSの伝統工芸プロジェクト「D-BROS at GINZA SIX」がADC会員賞を受賞しました!
宮田識と対談 第6回 D-BROS GINZA SIX店の新しい挑戦
竹の箸
扇子と粋
GINZA SIX店の為に製作した家紋本
伝統工芸×D-BROS GINZA SIXオープン記念限定商品「文庫箱」

▼岩永和也のデザイナーブログ バックナンバー
扇子と粋
D-BROS 2017カレンダー「TYPEFACE CALENDAR」デザイナーに制作の思いをきいてみました。
日々デザイナー。⑤岩永和也 いつもの日常おしえてください!
2017年賀状連載 第5回:頭としっぽ
CREATOR’S DIARY 2017ができるまで(完成篇)
CREATOR’S DIARY 2017ができるまで(小口篇)
CREATOR’S DIARY 2017 ができるまで(情報篇)
2016年賀状:ふわふわ浮かぶ風船のようなお尻
CREATOR’S DIARY ができるまで(表紙篇)
CREATOR’S DIARY ができるまで(本文篇)
CREATOR’S DIARY ができるまで(完成篇)
D-BROS デザイナーズブログ始めました。

▼D-BROSの公式SNSを日々更新中!
Facebook:D-BROS
Twitter:@DBROS_info
Instagram:@dbros_official1995

TOP_FV

TOP_C&S

2017FV_EC用_アタリ