top

「CREATOR’S DIARY 2018」 ができるまで(入門編)

こんにちは。デザイナーの山川鎌です。

2018年のクリエイターズダイアリーをAD岩永さんと担当させて頂く事になりました。今回は入門編と題しまして、今年初めて担当になりました私から見たクリエイターズダイアリーについてのお話をしたいと思います。

正直な話、ドラフトに入社するまでクリエイターズダイアリーの存在を知りませんでした!担当になったこともあって今年から使わせて頂いているのですが、率直な感想、、、

とても使い易いです!

上司に「使い易いと言っとけ!」と言われた訳ではありませんよ?(笑)

image01

この商品の優れている点はジャバラ折りになっていることで、年表のように1年のスケジュールが一目でわかる点です。1日の予定も細かく書き込めて、1年と1日のスケジュールを同時に確認できるのも便利ですね。今まで理想とするスケジュール帳に出会えず、買っても三カ月程で使わなくなっていた私ですが、この商品はストレスなく使うことができてます。書き込むことで1,2週間分のスケジュールを俯瞰して見ることができるので、頭の中で整理するのにとても助かってます。

diary_s

現在使用している2017年版ですが、かなり使い易いです。これも発売当初から毎年少しづつ改良している結果だと思います。より多くの方がストレスなく使える便利なスケジュール帳を作りたいと思い、2018年版は更に見易くなるよう裏面に書かれている情報の書体を検討したりなど改良に取り組んでます!

次回はクリエイターズダイアリーの大きなポイントである、毎年変わる表紙のカラーについてお話しをしたいと思います。2018年版のカラーもいい感じですので、みなさんお楽しみに!

 

<D-BROS WEB STOREからのお知らせ>

より多くの方にクリエイターズダイアリーの使いやすさを実感してもらいたいという思いから、D-BROS WEB STOREでは本日より「クリエイータズダイアリー2017」を【お試し価格1,000円】にて販売いたします。まずはぜひ一度使ってみてください!

※D-BROS品川店、GINZA SIX店では実施しておりません。予めご了承ください。

2017FV_EC用_アタリ

▼D-BROS MAGAZINEではクリエイターズダイアリーの活用例をご紹介しています。
「クリエイターズダイアリー」わたしはこんな風に使ってます<プロデューサー編>
「クリエイターズダイアリー」わたしはこんな風に使ってます<営業部編>
クリエイターズダイアリー活用例:プロジェクト欄は自由に設定
クリエイターズダイアリー活用例:自分なりのルールを作る
クリエイターズダイアリー活用例:逆算してスケジュールを組み立てる
クリエイターズダイアリー活用例:小物アレンジで自分らしい1冊に
「大事なこと」と「長期プロジェクト」と「メモ」で使っています。
クリエイターじゃない人にも結構人気あります。

▼2017年カレンダーも50%OFFにて販売中!
calendardaiary_top_img_30

▼D-BROS GINZA SIX店のための新コレクション「伝統工芸シリーズ」D-BROS WEB STOREでも限定販売中!
TOP_G6

▼D-BROSの公式SNSを日々更新中!
Facebook:D-BROS
Twitter:@DBROS_info
Instagram:@dbros_official1995

 

 

About the Author

山川 鎌

山川鎌(やまかわれん)。1994年埼玉県生まれ。
多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。2017年ドラフト入社。