g_マルシリーズ

2017年賀状連載 第5回:頭としっぽ

ドラフトの個性豊かな10人のデザイナーたちがデザインした年賀状シリーズ。D-BROS MAGAZINEでは、10人のデザイナーたちのブログを全10回に渡ってお届けしていきます。デザイナーがそれぞれにどんな思いでデザインに取り組んでいるのか、個々の考え方や個性なども感じていただきながら、お好きな1枚を見つけていただけたらうれしいです。

第5回目はD-BROSのカレンダー「タイプフェイス」や「クリエイターズダイアリー」も手がける岩永和也です。
_______________________________________

来年の干支は酉年ということで、まず鳥選びから始めました。

お正月なので、3羽とも縁起のいい鳥を選びました。

1羽目は鶏。
これは、いわゆる干支の酉年とは鶏のこと、ということから選びました。また鶏は文、武、勇、仁、信という「五徳」を具える有益な家禽です。とりわけ夜を守り、鶏鳴の時を告げるのが「信」の徳であり、元旦は「鶏の日」とも言われます。

I-2_small

2羽目は鶴。
鶴は古来より長寿を象徴する吉祥の鳥、また夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから「夫婦鶴=めおとづる」、鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから「天に届く=天上界に通ずる鳥」など、めでたい鳥として伝えられています。

I-1_small

3羽目は鳩。
鳩は旧約聖書では「ノアの箱舟」の記述もあり、平和の象徴や、神の使い、愛の象徴など縁起のいい鳥として言い伝えられています。

I-3_small

デザインについては、選んだ3羽の鳥の資料をみていたら、それぞれ身体と頭としっぽの関係性が違って面白いなと思い、極力要素をしぼってその関係性の妙を表現しました。

あと鳥はやっぱり色がすごく特徴的だなと日頃から思っていたので、銀や蛍光またそれらの色を掛け合わせて表現しています。

最近D-BROSでは年賀状やカレンダー、ダイアリーまで作っていることもあって、今年は何年なのか、干支は何なのかなど訳が分からなくなってきましたが、来年は酉年みたいです(笑)

候補の一つに入れていただけるとうれしいです。

 

▼岩永和也ほか10人のデザイナーが手がける「2017年賀状」はこちらよりお買い求めいただけます。
slide_nenga

▼年賀状を手がけたデザイナー10人のブログリレーを公開中!ぜひあわせてご覧ください。
第1回:目は口ほどにものをいう/飯田郁
第2回:まると線/福澤卓馬
第3回:母と子/前原翔一
第4回:縁起のよい1年に/小山麻子
第5回:頭としっぽ/岩永和也
第6回:めでたいとり/齋藤恵
第7回:シンプルな形を組み合わせて/長田紘佳
第8回:お餅のニワトリ/杉山耕太
第9回:幾何学形と色面/田中健一
第10回:明るい色の鳥/川上恵莉子

▼岩永和也のデザイナーブログ バックナンバー
CREATOR’S DIARY 2017ができるまで(完成篇)
CREATOR’S DIARY 2017ができるまで(小口篇)
CREATOR’S DIARY 2017 ができるまで(情報篇)
2016年賀状シリーズ:ふわふわ浮かぶ風船のようなお尻
CREATOR’S DIARY ができるまで(表紙篇)
CREATOR’S DIARY ができるまで(本文篇)
CREATOR’S DIARY ができるまで(完成篇)
D-BROS デザイナーズブログ始めました。

▼D-BROSの公式SNSを日々更新中!
Facebook:D-BROS
Twitter:@DBROS_info
Instagram:@dbros_official1995

top

diary_img_01

slide_christmasgift

About the Author

Kazuya Iwanaga

岩永和也(いわながかずや)。1985年長崎県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。2009年ドラフト入社。Japan Graphic Designers Association(JAGDA)会員