IMG_1192

2017D-BROS カレンダー「JUMP」デザイナーに制作の思いを聞いてみました。<後編>

8月30日2016年 PRODUCTS, 小山麻子, 福澤卓馬

2017年D-BROSの動物カレンダー「JUMP」をデザインした福澤卓馬と小山麻子のインタビュー後半です。前半では2017年のカレンダー「JUMP」の制作裏話について話を聞きました。後半では普段携わっている広告の仕事とD-BROSのものづくりの違いなど、仕事に対する考え方についてきいてみました。

>>2017D-BROS カレンダー「JUMP」デザイナーに制作の思いを聞いてみました。<前編>はこちらからご覧いただけます。

 

ものづくりの楽しさと難しさ

−−D-BROSのものづくりに参加するのは今回で何回目ですか?

福澤「カレンダーをやらせてもらって今回で4年目になります」

小山「私は昨年初めて年賀状を作らせてもらいましたが、カレンダーは今回が初です」

−−実際に参加してみてどうでしたか?

福澤「そうですね、単純にモノを作れるのはうれしいです。もっと売れたらいいなと思って臨みました」

小山「毎回、年賀状にしてもモノになるのがやっぱりうれしいなって。広告の仕事だとモノになりにくいというか、実際に手にとるモノとして残るというのはやっててすごい楽しかったです。でも、思った以上に大変でした(笑)時間が全然足りなくて、こんなに時間がないんだってびっくりしました」

福澤「たしかに。色々一緒にやっていくとものすごい時間がかかるんだよね」

−−商品会議を何回も重ねて、企画から実際にモノができあがるまで約半年かかりますからね。長いですよね。商品会議での宮田さんとKIGIのふたりとの関わりで印象的なことはありますか?

福澤「打ち合わせの度にアイデアがどんどん深まっていく感じはありました。ヒントをもらって、きっかけみたいなところからモノになっていくのが面白かったです」

小山「あと、三人にみてもらえるので、意見が偏って進まない感じがいいなと思いました」

福澤「三人からいろんな目線でアドバイスをもらえるから考えがより定まってくるというのはありましたね」

IMG_1195

自分たちでやるからこそ学べることがある

−−普段は広告の仕事をメインで携わっているお二人ですが、広告の仕事とD-BROSで何か違いはありますか?

福澤「基本的には同じですが、より自主的だと思います。自分自身の課題でもあるので勉強になります」

小山「広告と違ってクライアントという概念がないので、そのあたり考え方や進め方が自由で新鮮だなぁと思いました」

−−D-BROSで経験したことが広告の仕事で役立ったことはありますか?

小山「細部まで本当にこだわるやり方は勉強になりました。もちろん広告の仕事でもこだわってるんですが、商品は本当にひとつひとつという感じなので」

福澤「広告とかだとマーケティングがあって、ターゲットがあって、商品が売れるために販促物をつくってっていう風に考えていくけど、その商品やアイデア自体を買いたくなるものにするというか、良い商品を作ってその商品を素直に売り出していくという考え方もあるんだなぁと思いました。そういう考え方は商品づくりをしてないとわからないから、広告の仕事にも影響しています」

−−なるほど。クライアント側の立場というか思いもわかるようになったということですね。

福澤「はい。こんなに感覚的に自由にやらせてもらえることもなかなかないので、いい経験をさせてもらってるなぁと思います。楽しかったし」

小山「そうですね、大変だったけど楽しかった」

−−たしかに二人が楽しんでつくった感じがカレンダーから伝わってきます(笑)今年もたくさん売れてまた来年作れるといいですよね。

福澤「そうですね、たくさんの方に買ってもらえたらうれしいです」

小山「来年もまた作りたいです!」

 

 

▼ふたりが手がけた2017年カレンダー「JUMP」はこちらよりお買い求めいただけます。

jump_img_01

▼福澤卓馬のデザイナーブログ バックナンバー

2017年賀状連載:まると線
D-BROS 2016カレンダー第2弾 愛くるしい動物たちのカレンダー「BEEH」(ベー)!
2016年賀状シリーズ:キャラクター性を持たせる

 ▼小山麻子のデザイナーブログ バックナンバー

 

▼D-BROSの公式SNSを日々更新中!
Facebook:D-BROS
Twitter:@DBROS_info
Instagram:@dbros_official1995

top

diary_img_01

About the Author

Eriko Fujitani

1982年新潟生まれ。文化服装学院ファッション情報科卒業。映画配給会社を経て2011年ドラフト入社。D-BROS事業部担当。