D-BROSのクリエイターズダイアリーは、縦軸には1日のスケジュールを、横軸はプロジェクト毎の予定を書き込めるフォーマット。一年分のスケジュールが一枚の紙でつながっているので、長期に渡るスケジュールも一目で把握することができます。

02

もともと社内のデザイナーが制作の進行管理のために手作りで作っていたものを商品化したことがクリエイターズダイアリーの生まれたきっかけでした。

もちろんドラフトの社員は全員、このクリエイターズダイアリーを使っています。今日はデザイナーのダイアリー活用例をご紹介したいと思います。

IMG_9614
上半分にはその日のスケジュールを、下半分はメモやTo Doとして利用。

IMG_9615

全体のスケジュールは青色、個人の作業や重要なメモは赤色など、自分の中でルールを決め、色分けして管理。そうすることで、どんなに予定がたくさん入ってきてもパッと目に入り、今日やるべき作業をすぐに把握できるそうです。

また重要な案件はポストイットに書き込んで貼っておき、完了したら剥がすことで、自分の中で優先順位を整理しているとのこと。

細かな作業が多いデザイナーの仕事量は大変多いため、ToDoの要素としてプロジェクト欄(下半分)を活用している人が多いようですが、手帳の使い方はひとそれぞれ違うもの。自分なりのルールを決めて、分かりやすい手帳に仕上げてみてください。

まだ始まったばかりの2016年。今のうちにしっかり予定を整理して頭をすっきりしてみませんか?

05

2016年D-BROS「クリエイターズダイアリー」はD-BROS WEB STOREにて好評発売中!
D-BROS WEB STORE

クリエイータズダイアリー活用例バックナンバー
クリエイターズダイアリー活用例:逆算してスケジュールを組み立てる
クリエイターズダイアリー活用例:小物アレンジで自分らしい1冊に
「大事なこと」と「長期プロジェクト」と「メモ」で使っています。
クリエイターじゃない人にも結構人気あります。

D-BROS MAGAZINEではデザイナー岩永和也のこだわり、制作秘話も公開中です!
CREATOR’S DIARY ができるまで(表紙篇)
CREATOR’S DIARY ができるまで(本文篇)
CREATOR’S DIARY ができるまで(完成篇)

▼D-BROSの公式インスタグラムはじめました!
アカウント:「dbros_official1995