日本の伝統工芸の産地と繋がり、モノづくりをしていく新ブランド「UMEBOSI」(ウメボシ)。
KIGI(キギ)をアートディレクターに迎え、伝統工芸をもとに新しい技法と現代の美意識により産み出された日用品で「豊かな暮らし」を提案する WISE・WISE と D-BROS が取り組む未来の伝統工芸プロジェクトです。

アートディレクターをつとめるKIGI(キギ)の植原亮輔と渡邉良重、お二人にプロジェクト立ち上げに関わる思いを訊いてきました。

 

−−UMEBOSIプロジェクトのはじまりはどんなものだったのでしょうか?

植原 最初のきっかけとしては、ファッションジャーナリストの生駒さんからお話をいただきました。様々なプロジェクトに関わってこられた生駒さんの提案ということもあり、面白そうなプロジェクトだなと興味が沸きました。

渡邉 佐藤さん(販売元である株式会社ワイス・ワイス代表取締役)の話を聞いた時も、日本の素材にこだわって家具をつくったり、職人さんたちを応援するためにショップをつくったり、とてもいいことだし、真面目にものづくりをされている方だなと思いました。

植原 生駒さんや、佐藤さんのように、いろいろな荒波を乗り越えてきた人達が、モノのありがたみや人のつながりを改めて感じ、今の時代に一旦立ち止まって、日本のものづくりを大事にしていきたいと想いを抱く方が多いように思います。こうやってプロジェクトを立ち上げる佐藤さんもとても熱い方で、その熱意をすごく感じて、一緒にやりたい、協力したいなという気持ちになりました。

−−UMEBOSIは伝統工芸を軸にものづくりをしていくプロジェクトということですが、お二人は伝統工芸にどのようなイメージをお持ちでしたか?

植原 これまで伝統工芸と深く接する機会がなかった。伝統工芸と地方の工芸品との境目も曖昧でよくわからなかったんです。ただ地方の博物館とかで見たりすると、これ好きだなと思うものが結構あったりして。

渡邉 最近は、伝統工芸品がセレクトされたデザインショップも多いので、素敵なものに出会う機会も多いですね。

植原 でも、伝統工芸って聞くと、「和」なイメージがありますよね。自分たちは今まで「和」というイメージのしばりでデザインをしたことがなかったので、果たしてできるのかなとは思いました。

−−なるほど。ウメボシというネーミングがとてもユニークですが、そこに至るまでにどういった考えがあったのでしょうか?

植原 やっぱり「KIKOF」の時もそうだったけど、何かプロジェクトの名前をつけたり、ロゴをつくったりすると、要するに旗ですね。旗をつくって、旗を振ると、みんなのやる気がでてくるから、チームでものづくりをしていくってなると、またそれを社会に紹介していくことになると、旗がほしいなと思ったんです。それで、まずいいロゴとネーミングがないかなと思っていて。

渡邉 今回はひとつの産地ではなく、日本各地で作っていくプロジェクトなので、世の中に見せていくためにまとまったグループで、プロジェクトとして見えることが必要だったんです。

植原 そう、日本って感じをね。

渡邉 日本をつなぐひとつのプロジェクトとしてみせたかったんです。

植原 でも、ウメボシって決めたのは、それはデザインが先だったか、ネーミングが先だったか、、、忘れちゃったんですが(笑)

−−ウメボシが好きだから?

渡邉 ウメボシは大好きだけど、それだけじゃないです(笑)ひとつは、やっぱり日本というものを表したいんだけど、伝統的な柄とかにしていくと、そのまんまだし、いかにもすぎる。そうじゃなくて、和じゃないけど、日本を表せるものとして赤いマルがあったんです。

−−確かに。赤いマルっていうだけで、日本を感じますよね。

植原 ウメボシで赤いマルを使うんだけど、ウメボシっていうのがテーマになりすぎると、ご飯粒とかもでてきちゃうから(笑)そういうことではなくて。ウメボシって昔からの手法で今も変わらず丁寧に手間暇かけて作られてるし、伝統工芸に似ているなと思ったんです。このプロジェクトの象徴のような存在だなと。

logo set
▲「UMEBOSI」のロゴ

−−ウメボシなのにロゴはうさぎってのも面白いですね。

渡邉 ウメボシって日の丸弁当とかを連想するんだけど、かといって、日の丸だけにイメージがいかないように、うさぎの目とか、さくらんぼに赤いマルというものを、キャラクターとして出していって、ウメボシという言葉によって狭まってしまうイメージを、広げるようなデザインを意識しました。

植原 わかりやすすぎると自分たちも飽きちゃうので、少し振れ幅のあるデザインにすることによって、プロジェクトを長続きさせたいし、お客様にも想像してもらいたいというか、そんな風にこのブランドを育てていきたいという気持ちになったんですよ。


umebosi_maru
▲赤いマルはうさぎの目や、さくらんぼ、花など様々なモチーフに姿を変える

 

−−今回、職人さんとのやり取りで難しかったことはありますか?

植原 僕らが直接やり取りした職人さんはおじいさんとかではなく、僕と同じくらいの歳の次世代を担う方でした。いろいろやりたいこともあるようで、伝統工芸の枠を越えて新しいチャレンジをしていきたいという強い思いを持たれていて。職人さんというより、アーティストのような方でした。なので、デザインも理解してくれて、気持ちも汲んでくれました。

−−そうなでんすね。職人さんというと頑固なおじいさんのイメージがありました(笑)

渡邉 もちろん、そういう所もあると思うけど、若い世代に引き継がれている所も多いんじゃないかな。

−−実際に工房へも行かれたそうですが。

渡邉 江戸切子の工房にお邪魔させてもらいましたが、実はそこで新しい発見がありました。でもそれは今後のプロダクトに活かせたらと思っているのでまだ言えません。内緒です(笑)

−−それは今後の展開が楽しみですね!最後に今回のプロジェクトを経験して感じたことはありますか?

渡邉 昔は「安かろう悪かろう」と言われてましたが、最近では大量生産の技術の進化によって、安くてもクオリティの高いものを作ることが可能になってきました。伝統工芸の品物は、手間をかけて丁寧に作られているので、確かに価格は高いんだけど、そういったものを持つと愛着というか、物を大切にしようという心が生まれると思うんです。それは決して大量生産の品物では感じることができないもので、そういうものが自分の生活や、人生を豊かにしてくれるのではないかなと思いました。

植原 UMEBOSIの商品たちも、そんな存在に感じてもらえたらうれしいですね。

始まったばかりの「UMEBOSI」プロジェクト。二人から生まれてくる、新しい伝統工芸のカタチに今後も目が離せません。ぜひこれからの展開を楽しみにしてください!
lineup
▼「UMEBOSI」(ウメボシ)プロジェクトの商品は、D-BROS WEB STOREにてお買い求めいただけます。
D-BROS WEB STORE

 

▼「UMEBOSI」の商品を実際に手にとってご覧になりたい方は下記のショップへお越しください。

D-BROSの直営店「D-BROS SHINAGAWA

キギのお店「OUR FAVORITE SHOP

 

▼UMEBOSI関連記事
WISE・WISE×D-BROS×KIGI 共同プロジェクト「UMEBOSI」がはじまります!

未来の伝統工芸プロジェクト「UMEBOSI」。いよいよ本日より販売スタート!