D-BROSの年賀状制作にあたりモチーフとして干支の申を選びました。自分のなかで、猿に対して特別な興味を持った事がなかったので、これを機に猿に自分がどれだけ興味が持てるか試みてみたいなと思い選びました。

今迄興味のなかった事に、仕事を機に深く興味を掘り下げ消化し、デザインしアウトプットして行く、それが私たちの仕事の楽しい所でもあると思います。

表現を考えて行くにあたり、年賀状ですから実際の海外販売はないかもしれませが、D-BROSは海外にも販路を持つ日本のブランドなので、日本の山奥に住んでいるボス猿や雪の振るなか天然の温泉に浸かっている日本の猿のイメージなど、いわゆる和風表現とは違った表現で海の外に出て行ったら面白いなという思いを込めてこの様な表現にしました。
DSC_0032_01
山の中で猿を見つけるのが難しい様に、山に猿をなじませるため色数は絞り、山に岩がどんどん積み上がって行くイメージで手描の線を一本一本描いて表現しました。また色はカラフルな物が多い中、色を絞った物が有ると全種並んだとしてもブランド内でバリエーション豊富に見え、店頭映えするのではと思い、色数を絞ったデザインにしました。

制作・販売においては、先輩も後輩も関係なく世の中に商品として出て行きます。それは非常にワクワクすることでもあり、負けられない!と切磋琢磨する場でもあり、とても楽しい場です。
また、各デザイナーが普段見せられない表現やアイデアなどをプレゼンテーション出来る貴重な機会で、この人はこういう事が出来るんだ〜、だったらこういう仕事の組み方出来るなとか、別の仕事のきっかけが生まれる場にもなり得ています。この様な場があるD-BROS(会社)は、デザイナーにとってとても幸せな場で、感謝しています。

 

▼2016年版「年賀状」はD-BROS WEB STOREにてお買い求めいただけます。
10人のデザイナー達がデザインした30種と、D-BROS WEB STORE限定柄2種の合計32種類が揃っています!
D-BROS WEB STORE

D-BROS MAGAZINEでは、10人のデザイナーたちが語る制作秘話を紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。
▼バックナンバー
岩永和也:ふわふわ浮かぶ風船のようなお尻
川上恵莉子:シリーズでみせる年賀状
田中健一:◻︎と△を積み上げて
関本明子:海の向こう側を意識した表現
斎藤純:線と色の面
前原翔一:幸せのおすそ分け
斉藤恵:のびる1年にしたい
杉山耕太:お正月の気分
小山麻子:明るい気持ちになれるように

▼D-BROS WEB STOREからお知らせです
現在、D-BROS WEB STOREではみなさんにちょっと早いクリスマスプレゼントをお届けするプレゼントキャンペーンを実施中です。12月25日(金)までの期間中、D-BROS WEB STOREにて商品をお買い上げ頂いた方全員に、もれなくD-BROSのグリーティングカードをプレゼント致します。この機会をお見逃しなく!

▼クリスマスギフトにおすすめの厳選アイテムを紹介しています!
クリスマス特集ページはこちら
CHRISTMAS GIFT SELECTION