「Rocca」(ロッカ)というプロダクトをご存知でしょうか?

Roccaは、ゲームデザイナーのトゥルーリ・オカモチェク氏と、ドラフト卒業生でアートディレクターの柿木原政広氏(株式会社10)がつくったカードゲームです。

平面だけど立体的に見える、ちょっと不思議なカード。ゲームが進行するにつれて、積み木のように重なり合い、立体的な絵をつくりだします。

みんなで街を作ったり、列車を走らせたり、ゲームとグラフィックデザイン両方を一緒に楽しめる新しいスタイルのカードゲームです。一枚一枚繊細にデザインされたカードは、見てるだけでも楽しい気持ちにさせてくれます。
rocca_02
みんなでテーブルを囲んで、おしゃべりしながらゲームを楽しむ時間は、ハイテクなゲームでは味わうことのできないアナログならではの時間。Roccaはそんなコミニュケーションを大切にしたゲームです。

rocca_all
D-BROS品川店でもギフトなどに大人気の「Rocca」。なんと10月9日(金)よりD-BROS WEB STOREでもお買い求めいただけるようになります。

Roccaシリーズにはいくつか種類があるのですが、D-BROS WEB STOREでは4種類のカードゲームを取扱いいたします。それぞれデザインや遊べるゲームが異なるため、D-BROS MAGAZINEにて、明日より全4回に渡って、4種のRoccaについて詳しくご紹介していきます。どうぞお楽しみに!

Exif_JPEG_PICTURE

出会うべくして出会い、生まれた、奇跡のようなRocca誕生のストーリーもとても素敵です。ぜひご覧ください。

−−HPより抜粋−−

1994年、ヨーロッパ旅行中のトゥルーリ・オカモチェクは、世界的なゲームデザイナーであるアレックス・ランドルフと彼の妻ジェアにヴェネツィアで偶然に出会い、これをきっかけにカードゲームやボードゲームに親しむことになりました。
2004年、アレックスは81歳で亡くなりますが、ヴェネツィアのサン・ミケーレ島に眠る彼のお墓参りに行く前日、トゥルーリはカードゲームのアイデアを突然思いつきます。

旅行中、ゲームのアイデアを形にまとめたトゥルーリは、帰国後すぐ、友人のデザイナー柿木原政広に電話し、グラフィックデザインを依頼しました。

そうして生まれたのが、Roccaです。

 
▼RoccaはD-BROS WEB STOREにてお買い求めいただけます。
D-BROS WEB STORE

▼Roccaに関する記事

その1:ロッカの原点「Rocca Classic」(ロッカ・クラシック)

その2:積み木のようなカード「Rocca card blocks」(ロッカ・カード・ブロックス)

その3:カラフルな街が広がる「Rocca Town」(ロッカ・タウン)

その4:不思議な列車の旅へ「Rocca Rails」(ロッカ・レイル)

 

 

〈デザイナープロフィール〉

トゥルーリ・オカモチェク Trulie Okamocek
ゲームデザイナー/プロデューサー。1969年石川県生まれ。
1994年〜ジェア&アレックス・ランドルフと親交を結び、カードゲームとボードゲームに親しむ。ペンネームで『週刊朝日』『アサヒグラフ』などに美術評論を寄稿。ナガオカケンメイ(デザイナー)、鏡リュウジ(占星術研究家)、荒井良二(絵本作家・イラストレーター)、武田幸三(格闘家)らの単行本の企画・編集を行なう。帽子、口ひげ、サングラスがトレードマーク。

柿木原政広 Masahiro Kakinokihara
グラフィックデザイナー/アートディレクター。1970年広島県生まれ。
1996年ドラフト入社。2003年JAGDA新人賞を受賞。2007年、森美術館『日本美術が笑う』展のアートディレクションでADC賞を受賞する。同年、株式会社10(テン)を設立。代表作にsinging AEON、まいにちAEON CARD、富士中央幼稚園、映画「トニー滝谷」、TIFF東京国際映画祭のデザイン・アートディレクションがある。もじゃもじゃ頭と大きな眼鏡がトレードマーク。