書体(タイプフェイス)に注目し、書体そのものを美しく見せるためのデザインを追求したのが「TYPEFACE」カレンダーシリーズです。デザイン会社だからこそ、取り組むべきテーマということで2008年よりスタートし、今年で9シリーズ目を迎えました。

そして2016年、デザイナーの安田昴弘が選んだ書体は、1896年にドイツ・ベルリンのベルトルド活字鋳造所が制作した活字書体、「アクチデンツ・グロテスク」。
欧文フォントの王様「Helvetia」のもとになったとも言われる歴史ある古典書体です。

3つのタイプの「TYPEFACE」シリーズ

今回より定番の壁掛けタイプのほかに、卓上タイプと大きなポスタータイプを新たにラインナップ。バージョンアップした「TYPEFACE」シリーズの登場です!

03-1
08

オフィスやリビングに

新たに登場したポスターカレンダー(B1サイズ)はシルク印刷で一枚、一枚手作業で刷られています。
オフィスや広いリビングなどにも合うスペシャルなカレンダーです。

04

05スタイリッシュな

卓上カレンダー

卓上になってもどこまでもシンプル。
デスクまわりやちょっとしたスペースを
スタイリッシュに演出します。

特製の金具は
余分なデザインを削ぎ落とし、
差し込むだけでカードが立つ
シンプル構造です。
06

07

定番の壁掛けカレンダー

どんなお部屋にも合う
タイプフェイスカレンダー。

今年はサイズ違いの登場で
場所に合わせてお選びいただけます。
もちろん壁掛けタイプは
永遠の定番です。

 

 

02

こだわりのオレンジ色

印刷には軽やかな印象になるよう蛍光のような鮮やかなオレンジ色を選んでいます。
実はこの色もインクを特別な配合で混ぜて作ったオリジナル。
微妙な配合の差でも、印象が全く違って見えてしまうため、印刷会社さんと何度も検証してイメージどおりの色に仕上げました。

 

 

2016年D-BROSカレンダー「TYPEFACE」シリーズはD-BROS WEB STOREにてお買い求めいただけます。
D-BROS WEB STORE

実際に手にとってご覧になりたい方は品川駅のエキュート品川2階にございます「D-BROS」のショップでご覧いただけます。
詳しいD-BROSショップの場所はこちら

D-BROS MAGAZINEではデザイナー安田昴弘のこだわり、制作秘話も公開中!
ぜひそちらもあわせてご覧ください。
D-BROS 2016カレンダー第3弾 「Typeface Calendar」今年の書体はベルリン生まれの “Akzidenz-Grotesk” (アクチデンツ-グロテスク)