こんなデザインをつくりたい、
こんなモノができたらきっと楽しんでもらえる。
そんな私たちD-BROSの思いを、
日本の職人さんの優れた技術に支えられ実現しました。
これからのD-BROSの新たな試みは、
プロダクトデザインの可能性を国内外の多くのお客様に
感じていただく場にしていきます。ご期待ください。

INTERIOR 日本の木造伝統構法を用いた什器・空間デザイン Furniture and Space Design Using Traditional Japanese Wooden Construction Methods

建物において最も重要になる柱・梁を、店舗において最も重要な、
商品を陳列する什器として捉え、大工職人による手業によって作り上げています。
柱・梁(什器)に210mm角の桧材を使用し、金物は一切使用せずに、
柱部分には金輪継ぎ(かなわつぎ)、梁部分には追掛大栓継ぎ(おっかけだいせんつぎ)、
柱と梁との接合に胴差し仕口を用いて接合されています。
「継ぎ手」という大工の職人技をデザインとして捉え、「継ぎ手」によって分かれる
木材の色味を変えることで、各柱・梁の全てにおいて「継ぎ手」部分を強調し
空間を彩っています。力強い木のフレームに真鍮の優しい輝きとガラスの繊細さが交わり、
伝統構法を用いながらも現代的な店舗空間を実現しています。

We consider this store's beams and columns, which are the most important parts of a building, and were handmade by carpenters and craftsmen, as “furniture” that display our most important products.

Using 210 millimeter square cypress for the beams and columns (furniture) and without using any metal hardware at all, kanawa tsugi joints (oblique, housed, rabbeted, T-shaped, half-blind, tenoned scarf joints) were used at the columns, and okkake daisen tsugi joints (oblique, housed, rabbeted, scarf joints) were used at the beams. The beams and columns were joined utilizing the dousashi shikou girder method.

The result of a carpenter's craftsmanship, we interpreted “joints” as design, and by varying the colors of the wood divided by “joints,” each beam and column's “joints” are emphasized, coloring the space.

The delicate brilliance of brass and the subtlety of glass intersect in strong wooden frames, allowing us to create a modern space while

[継ぎ手] A joint

木を組むことは、木のクセを組むこと。
宮大工の口伝として伝わっている言葉です。
木はどんなに乾燥した材を用いても必ず時間経過とともに動きます。
継ぎ手は、この木のクセを押えこむようによく考えられています。
見えないところに細かな細工しているのは、
このクセが後に建物に悪さをしないようにするための工夫です。

手で木を加工するということは、
一本一本を大工棟梁がチェックして
木のクセを読みながらその材に適した材配置、
材の墨付け刻みを行うということです。

Joining wood together means joining the wood's quirks together.
This saying by carpenters specializing in temple and
shrine construction has been handed down from generation to generation.
No matter how dry the wood, it will definitely move with the passage of time.
It is often thought that joints suppress the quirks of wood.
Applying fine craftsmanship to places that are not readily visible prevents
the wood's quirks from ruining the building later on.

The processing of wood by hand means that the chief carpenter inspects
each piece of wood. By ascertaining each piece's quirks, he can determine the most suitable place where each piece should go,
marking and serrating each one accordingly.

金輪継ぎ
Kanawa Tsugi
Joint
追掛大栓継ぎ
Okkake Daisen
Tsugi Joint
胴差し仕口
Dousashi Shikou
Girder Method
ページトップへ